「安心と安全」それが製品に込める想い

源平刃物工場では、各種機械刃物、電動工具刃物などを製造販売を行っています。
そしてその培われた技術と開発力を生かし、より安心で安全な製品作りをめざしております。

長尺鋼材の無歪熱処理技術

長尺物の熱処理は、通常焼入れ後にプレステンパを行い歪を矯正するために、
この過程で微小クラックが発生しやすいといった欠点を有しております。

ご挨拶

源平刃物工場では剃刀~鎌~バリカン刃(ヘッジトリマー)といった流れに応じて製造品目を変えてまいりました。
その中でも、炭素工具鋼(SK鋼)や合金金具鋼(SKS鋼)を始めとする特殊鋼の熱処理技術は、
手打鎌の製造時から脈々と受け継がれる焼入れ技術に、近代的な熱処理技術を付加した他には見られない独自の熱処理技術を有しております。
また、日頃より刃物の切断機構の解明に努め、用途に合った構造・機能を有した、
より良い切れ味を発揮できる刃物の製造を目指しております。
その目標に向かって、より理想的な刃物構造を提案させていただきたく、製品開発段階より参加させていただくことを切望しております。

代表取締役社長 松尾勝彌

技術情報

剃刀~鎌~バリカン刃といった時代の流れに応じて製造品目を変えてまいりましたが、
その間に得た技術を受け継ぐとともに、新たな工夫を加え、その時々に必要とされる製造技術の開発に努めてまいりました。
中でも、炭素工具鋼(SK鋼)や合金鋼(SKS鋼)をはじめとする特殊鋼の熱処理技術は、
手打ち鎌の製造当時から脈々と受け継いでいる焼入れ技術に、近代的な熱処理技術を付加した、
他社には見られない独自の熱処理技術を有し、鋼材の持つ耐衝撃性や粘りを可能な限り発揮させています。

ヘッジトリマー用製品

モーターヘッジトリマー、エンジンヘッジトリマーともに、各社の製品に装備いただいており、プロ用(お茶刈等)から一般用までの、ヘッジトリマー刃物専門メーカーとして、ヘッジトリマー刃物を幅広く製造しております。特にハサミ状になったオガミ刃(バリカン刃)は弊社独自のもので、プロ用(お茶刈等は90%以上採用されております)として、多くのメーカーに採用されております。

源平刃物の手打ち鎌

源平省力(しょうりき)鎌は特殊刃物鋼(複合材)を使用した刃鎌と鋸鎌の利点を併せ持った鎌です。源平刃物の得意とする冷間鍛造技術と熱処理技術を駆使し、独特の切れ味を持った鎌に仕上げています。
鋸目の形は付刃された刃鎌の形になっており、刃鎌の感覚で非常に軽く切れます。柄は楕円形の朴木で手に馴染みやすくなっています。切れ味が鈍くなってもの砥石で研げば何度でも切れ味が甦ります。

トピックス

TOPICS

安心トリマーくん

安心トリマーくんは通常の生垣バリカンと違い、地面近くで使用するため、金属や石を挟んでも折れにくく、土中の石英分と擦れ合っても磨耗しにくくいように開発しました。
特殊鋼材を使用し、当社が長年培ってきた熱処理技術を駆使したことにより、よく切れて、なおかつ耐久性の高い刃を提供することができ、何度でも刃研ぎが可能で、研ぐたびに切れ味がよみがえります。

TOP